Amazonプライムビデオ

Amazonに商品を返品したい人へ!要点を絞って図解説明

Amazonで購入した商品の返品は簡単

Amazonで購入した商品を返品したい。けど公式はページが膨大すぎてようわからん!

そんな方に向けて要点を絞って端的に解説する内容となっている。実際にスマホアプリを使い、手続きした時の画面を使ってわかりやすく書いた。

Amazonで購入した商品の返品は簡単

Amazonの返品に関する主な条件や規定

  • 「Amazon.co.jp()」より発送された商品は大体返品できる
  • 商品が届いてから30日以内に手続すれば全額返金(30日を過ぎると返金額20%減額)
  • 開封済だと代金(税込)の50%を返金
  • 服や靴などは試着後の返品が可能
  • トラブルや不具合による場合は全額返金か若しくは同一商品と交換

また商品のジャンルなどによっても返品規定や条件は異なる

返品できない商品例

  • 特注品
  • 代金引換で注文した場合
  • 使用済み若しくは開封済みの消耗品
  • 液晶パネルのズレ、ドット抜け、使用後の外観の傷など、メーカーが初期不良と認定していないパターン
  • 車用タイヤ・ホイールセット
  • リチウム電池
  • 雑誌、植物、ペット用品、医薬品、サプリメント、医療機器、食品・飲料・お酒など

※Amazonで購入できる商品には二種類あって一つはAmazon.co.jpより販売・発送されるもの、もう一つは個々の販売業者が出品しているマーケットプレイス

後者は個別に規約を設けている場合があるのでプロフィールページに書いてある規約を確認するなどしよう。詳しくは以下を参照してほしい。

その他、まだまだより詳しく掘り下げて規定を確認したいという方は、公式ページ(返品・交換の条件)を参照。

Amazon購入商品の返品方法と手順

Amazonで購入した商品の返品は簡単

以下、Amazon公式スマホアプリの画面を混じえて解説する。

手続きのやり方

step
1
「注文履歴」をタップ → 返品したい商品を選択

Amazonの購入商品の返送手続きのスマホ画面キャプチャ

step
2
「商品の返品」をタップ → 該当の返品理由を選択

Amazonの購入商品の返送手続きのスマホ画面キャプチャ

step
3
具体的な理由を入力 → 返金方法を選択して次に進む

Amazonの購入商品の返送手続きのスマホ画面キャプチャ

画像の返品理由はひとつの例だ。

返金方法と返金されるまでの期間

商品が先方に到着後1~3日で返金

  • クレジットカード
  • Amazonギフト券
  • 携帯決済
  • Amazonポイント

商品が先方に到着後1~3週間で返金

  • 代金引換

公式の「返金について」ページにも詳しく記載されている。

 

step
4
返送手続きを開始 → 返品用ラベルと返送手順を表示・印刷

Amazonの購入商品の返送手続きのスマホ画面キャプチャ

この後はプリントアウト可能かどうかで進め方が異なる

プリントアウトできるなら

返品用ラベルをプリントアウト、切り取り線で切り離し、プリント上部は梱包する箱の外に貼り、プリント下部は商品と一緒に箱の中に入れる。

Amazonの購入商品の返送手続きのスマホ画面キャプチャ

プリントアウトできなければ

以下のいずれかの方法を選択可能。

※画像はAmazon公式より引用

返品用ラベルの返品ID(バーコードのすぐ上に記載されている文字列)をメモした紙を商品と同梱

Amazon返品方法

「sp」で始まる番号が付いているバーコードが商品に貼られていたら商品から剥がして同梱

Amazon返品方法

バーコードや問い合わせ伝票番号が印刷された送り状ラベルを剥がして同梱

Amazon返品方法

あるいは届けられた時に同梱されていた納品書を同梱

こちらの公式ページ(プリンターを使わない返品・交換の手続き)にも画像付きでわかり易く載ってるので参考にしてみてほしい。

発送方法1:自宅に集荷にきてもらう

画像のように、「返品用ラべルを印刷する」ボタンと同じページの下部に返送方法が記載されている。

Amazonの購入商品の返送手続きのスマホ画面キャプチャ

日本郵便、佐川急便、ヤマト運輸のいずれかのみ利用可能で日本郵便に関しては申し込みリンク先がある。

そのまま手続きを進めればよりスムーズで自宅への集荷依頼が簡単にできる。

 

発送方法2:コンビニを利用する

コンビニに梱包した返品用商品を持ち込んで店員さんに言えば送り状をもらえ、手続きを進めてもらえる。

元払いか着払いかは返品理由によるので注意。

  • 自己都合なら元払い
  • 不具合など販売元が原因なら着払い

仮に自己都合なのに着払いで送っても、その分差し引いて返金される。

大手コンビニなら大体宅配サービスの受付をしているので問題はない。しかし宅配業者はコンビニによって異なるので、気になる方は以下の記事を参照してみてほしい。

自宅まで取りに来てもらう方が手間がかからなくていいと思う。

返品を取り消したければ

そのまま放置すれば返品期限が過ぎて自動的に取り消されるだけなので、特に手続きの必要はない。

まとめ

返品したいけど手続きとかめんどくさそう…って思っていたのではないだろうか?実際は、Amazonの注文履歴からスマホひとつで簡単にでき、自宅まで集荷に来てもらえるので超簡単。

公式で返品方法を検索すると関連するページが膨大にあり、目的のページへたどり着くのが大変だったりする。

Amazonに関しては、以下の記事も参考にしてみてほしい。

amazonプライムの支払い方法
Amazonプライム会費の支払い方法解説!クレジットカード必須?
Amazonプライムビデオの料金
【Amazonプライムビデオ】料金・支払い方法・解約など徹底解説

-Amazonプライムビデオ
-

© 2021 ブドーブ【武道ブログ】