映画

映画「ホムンクルス」原作好きによるネタバレ感想|近年稀に見る駄作

ホムンクルスのネタバレレビュー

映画ホムンクルス」は山本英夫の同名漫画を原作にした話題作。

2021年4月2日に劇場で公開後にNetflix(ネットフリックス)で配信となる。

この度、私もユナイテッド・シネマ キャナルシティ13(福岡)で「ホムンクルス」を鑑賞してきた。

ホムンクルスの劇場チケット

本記事はその感想ネタバレありで書いている。

あらかじめ言っておくと過去1~2を争う酷評なので閲覧注意。

ちなみに原作に関しては以下の記事でネタバレありのレビューをしている。

ホムンクルスの名越のイラスト
漫画【ホムンクルス】全15巻のあらすじ・ネタバレ考察と感想まとめ

鬼才漫画家・山本英夫先生の人気漫画「ホムンクルス」全巻の概要、あらすじやネタバレ解説に加え、感想や考察について書いた。 ...

最初にホムンクルスの基本的な情報から説明するが、すぐ感想を読みたいという方はこちらを押して頂ければジャンプが可能。

映画「ホムンクルス」概要

監督はホラーに定評のある清水崇監督、主演は綾野剛。「頭蓋骨に穴を開けて第6感を芽生えさせられるホームレスの男性」という難しい役を演じている。

監督清水崇
原作山本英夫「ホムンクルス」(漫画)
音楽ermhoi、江崎文武
主題歌millennium parade「Trepanation」
キャスト
  • 名越進:綾野剛
  • 伊藤学:成田凌
  • 謎の女:岸井ゆきの
  • 女子高生:1775石井杏奈
  • 組長:内野聖陽

映画「ホムンクルス」予告編

ちなみにNetflixの料金・システムなどに関しては以下の記事で解説している。

Netflixの料金・支払い方法
【Netflix】各料金プランの違い・支払い方法について徹底解説

Netflix(ネットフリックス)は、動画配信サービスでは最大手のひとつ。世界中で最も親しまれているVODと言っても良い ...

映画「ホムンクルス」あらすじ

ホムンクルスの簡単なあらすじをWikipediaから引用。

新宿西口の一流ホテルとホームレスが溢れる公園の狭間で車上生活を送るホームレス・名越進は、医学生・伊藤学に出会い、報酬70万円を条件に第六感が芽生えるというトレパネーションという頭蓋骨に穴を開ける手術を受けることになった。その手術以降、名越は右目を瞑って左目で人間を見ると、異様な形に見えるようになった。伊藤によると「他人の深層心理が、現実のようにイメージ化されて見えているのではないか」と言い、彼はその世界をホムンクルスと名付けた。そして、名越は様々な心の闇を抱える人達と交流していく。

出典:ウィキペディア(Wikipedia)

より詳しくは、当サイトの原作レビュー記事を参考にしてほしい。

ホムンクルスの名越のイラスト
漫画【ホムンクルス】全15巻のあらすじ・ネタバレ考察と感想まとめ

鬼才漫画家・山本英夫先生の人気漫画「ホムンクルス」全巻の概要、あらすじやネタバレ解説に加え、感想や考察について書いた。 ...

あらすじに加えてストーリー全体の流れも説明している。ネタバレありな点に注意。

映画「ホムンクルス」感想(※ネタバレあり)

結論から言うと、近年まれにみるほどの酷い映画だった。とにかく映画用にアレンジした内容にまとまりがない。

原作知らないと「?」の連続になること必至。後半は間延びし過ぎて「もういいわ終わってくれ」って何度か念じたほどだった。

ちなみに私は原作はもちろんのこと、山本英夫の漫画は全て読了済み。なのでこの惨劇は予想できた。何故なら映画「殺し屋1」も相当酷かったのだから。

映画「殺し屋1」について

※映画「殺し屋1」も原作・山本英夫、監督・三池崇史である。私は原作の漫画が大好き。

キャスティングに関して言うと、綾野剛の無駄使いだなあ…と感じた。

映画「ホムンクルス」内容に関して

原作のほぼ全編に渡るエピソードを2時間程に無理矢理まとめた内容になっている。

  • ヤクザ組長編
  • 女子高生編
  • 伊藤学編
  • ななこ編

唯一鑑賞していてわかりやすいと感じるのは、ヤクザ組長編のみだった。

映画「ホムンクルス」女子高生編

女子高生は映画だと結局何のトラウマなのかよくわからない。

原作だと親の異様さが丁寧に描かれているのでまだ理解しやすい。

しかし映画だと、何となく病んでいてリストカットしちゃっているんだなあ…とふわっとした印象にしかならないのだ。

それに性行為に及んだ下り。どうして表向きは拒否しつつも心ではひとつになろうとしているのか?映画だけだとわけがわからないと思う。

しかも行為の後、彼女の母親がいきなり茂みの中からフラっとあらわれるのも非常に違和感を感じた。

原作との違いは?

原作だとあえて女子高生の自宅の前に行ってから行為に及ぶので、母親が出てくるのも自然な流れとなっている。

また、映画だと女子高生自身だけではなく周囲も砂の海となって名越に襲いかかるが、原作だとあくまで女子高生自身だけが砂(記号)だ。

もはや突っ込むのも野暮だけど、どうして対象以外の物質(車やその周囲)までもがホムンクルスになるのか…?なんて考えてしまった。

映画「ホムンクルス」ななこ編

ななこ編も酷かった。酷すぎた。何が酷いってごちゃごちゃし過ぎ。

  • ななこ(ちひろ)は元カノだと思っていたら別の人物だった
  • 実は元カノ(なな子)を死なせてしまった人物でもあった
  • しかもちひろは伊藤からトレパネーションを施されていた

いや、もうわけわからんだろ…これ。

一応説明しておくと、原作の設定を所々で踏襲していのは確かである。

  • なな子は元カノである
  • 名越は(おそらく)別の女性を元カノだと勘違いする
  • その別の女性もトレパネーションされる

なな子について原作との違いは?

原作だと、名越が元カノだと勘違いをする相手の名は「ちひろ」ではなく「ななみ」である。

更に、ななこにトレパネーションを施すのは伊藤ではなく名越であった。

これら各設定を一旦バラバラにするとこまでは良いとしよう。そこから丁寧に辻褄の合うよう組み合わせればいいじゃないか。

…それがどうしてこうシッチャカメッチャカになった。

映画「ホムンクルス」伊藤学編

伊藤のトラウマもふわっと描かれている。父親の方が金魚を可愛がっていたというアレンジには驚いた。

原作の設定は?

原作だと金魚ではなくグッピーである。そしてグッピーをかわいがっていたのは父親ではなく学だ。

最後は父親の方から息子に詫びを入れることで学はトラウマから開放される流れだった。

金魚にお熱で子供にかまってられない親…というのも何だかリアリティが感じられない。

加えて映画では伊藤自身がトレパネーションを施し、気が狂った様子になっていた。

しかしその行為に至った心情は全く描かれていない。(※原作だとトレパネーションで気が狂うのは名越の方だ)

映画「ホムンクルス」CGのクオリティについて

CGのクオリティもいまいちだと感じた。海外の名だたるCGプロダクションが生み出した人気作品に慣れてしまっているからだろうか。

  • 砂の女子高生
  • 伊藤の水人間
  • 街行くホムンクルス達

全てが安っぽいCGに見えてしまったのが正直なところ。

現実の世界に溶け込み、まるでリアルに存在しているかのような完成度は感じなかった。

劇場だけのホムンクルス特別映像とは?

エンドロールが終わった後に5分くらいの特典映像が流れる。

どのような内容かと言うと「映画の一部のシーンを切り取って山本英夫先生がアレンジした漫画」が流れるというもの。

だが正直、個人的にはいまいちな特典。だって誰でもPhotoshopでできそうな簡易な加工に見えたから。

もっと山本先生の描き下ろしが満載だったら「おおっ!」ってなるのに。

映画「ホムンクルス」感想まとめ

まとまりのない雑すぎる映画ということで5段階評価を考えるなら星1つ。

  • 映画館に行こうか
  • Netflixで観ようか

このように悩んでいるのなら迷わずNetflixを推したい。

この映画1本に2,000円近くも出すのはいくらなんでももったいないと思う。

おすすめNetflixオリジナル映画
【おすすめNetflixオリジナル映画3選】つまらない作品も紹介

私ウチダのおすすめなNetflixオリジナル映画を3つ紹介したいと思う。併せてつまらないと感じたワースト3作品も紹介。 ...

映画「ホムンクルス」上映館の情報

映画館で鑑賞するとグッズがついてくることもある。私は以下のようなクリアファイルを特典としてもらえた。表面は綾野剛バージョン、裏面は漫画バージョンになっている。

ホムンクルスの劇場限定のグッズ:クリアファイルの裏面

ホムンクルスの劇場限定のグッズ:クリアファイル

そしてホムンクルスの上映館の一覧は以下だ。

押すと上映館を表示します

北海道地区

  • 札幌シネマフロンティア(北海道)
  • 東北地区
  • フォーラム仙台(宮城)
  • フォーラム山形(山形)
  • フォーラム福島(福島)

関東地区

  • MOVIXさいたま(埼玉 )
  • MOVIX三郷(埼玉 )
  • 京成ローザ10(千葉 )
  • シネプレックス幕張(千葉 )
  • 新宿ピカデリー(東京 )
  • ヒューマントラストシネマ渋谷(東京)
  • シネ・リーブル池袋(東京 )
  • 東京 立川シネマシティ(東京 )
  • 109シネマズ川崎(神奈川)
  • 神奈川 MOVIX橋本(神奈川) 
  • USシネマつくば(茨城)
  • MOVIX宇都宮(栃木)
  • MOVIX伊勢崎(群馬)

中部地区

  • ユナイテッド・シネマ新潟(新潟)
  • ユナイテッド・シネマ金沢(石川)
  • 松本シネマライツ(長野)
  • シネシティ ザート(静岡)
  • ミッドランドスクエア シネマ(愛知)
  • ユナイテッド・シネマ岡崎(愛知)
  • 109シネマズ四日市(三重)

近畿地区

  • MOVIX京都(京都)
  • なんばパークスシネマ(大阪)
  • シネ・リーブル梅田(大阪)
  • シネ・リーブル神戸(兵庫)
  • アースシネマズ姫路(兵庫)

中国・四国地区

  • MOVIX倉敷(岡山)
  • 109シネマズ広島(広島)
  • 九州・沖縄地区
  • ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13(福岡)
  • シネプレックス小倉(福岡)
  • ユナイテッド・シネマ熊本(熊本)

映画「ホムンクルス」感想まとめ

というわけで個人的には2度と見る価値のない映画だと感じた。

設定やアイデアはめちゃくちゃおもしろいので、もっと丁寧に作ってほしかったというのが正直なところ。

映画でがっかりしたという方でも、原作はそれなりに楽しめると思うので興味のある方は読んでみてほしい。

ホムンクルスの名越のイラスト
漫画【ホムンクルス】全15巻のあらすじ・ネタバレ考察と感想まとめ

鬼才漫画家・山本英夫先生の人気漫画「ホムンクルス」全巻の概要、あらすじやネタバレ解説に加え、感想や考察について書いた。 ...

-映画
-,

© 2021 ブドーブ【武道ブログ】