その他

【引っ越し】隣近所への挨拶に尻込みしているあなたへ

引っ越しの挨拶で持参物を吟味する男性のイラスト

この記事は引っ越しをした際、隣近所への挨拶はすべきかどうか迷っている方に対し、どうすべきか私自身の見解から一方的にアドバイスする様な内容になっております。あまり役に立たないかもしれないが、そんな考え方もあるんだなふーんくらいに気軽に読んで頂ければ何よりである。

【結論】引っ越し先の挨拶はした方が無難

「礼儀だから」とか「伝統だから」だとか「人として当たり前だから」などと形式ばったことを言うつもりはない。
した方が得だと思うからだ。

ザイオンス効果(単純接触効果)と呼ばれる心理現象がある。同じ人に合う回数が増せば増すほど好感度が上がっていくというもの。

思い当たる節は誰でも何かしらあるだろう。完全に顔見知りの相手よりも言葉を交わしたことがあるというだけで安心感を抱くものである。当然場の空気も和やかになる。あまりに不潔な人間なら例外だろうけど最初の一度でも挨拶をしておいた方が、その後の生活をその場所でしていくにあたっては住みやすくなるであろうことは想像に難くない。

引っ越しに関するギャグ漫画

想像してみよう。お隣が割とドタバタ騒がしい人だったとして、それが全くの赤の他人である場合、又はいつも挨拶や世間話のできる気持ちのいい間柄だったとしたら、印象や対応は当然変わってくるだろう。前者は「なんなんだあいつ」と無意味に苛立つこともあるだろうし、後者であれば「まあ多少は多めにみてあげようか」と寛容になれるであろう。
それほど人と人との触れ合いから生まれるパワーというのは、綺麗事ではなく、凄いものだと思う。

住んでいる環境にも依るが、そんなに顔を合わすこともないような場所なら挨拶なんて面倒だと思うのもわかる。しかし言うても手間のかかることでもない。ほんの二言三言交わすだけだ。

また無条件に「引っ越し時の挨拶は人として重要」と考える人が一定数いるのも確かだ。ならばまあしておくに越したことはないでしょ。

挨拶時は何を持参してどこへ配る?

持参物は以下が定番。

  • タオル
  • 洗剤
  • お菓子

要は誰でも確実に使えそうなものがベター。
ただし賞味期限の短い食べ物などは避けよう。
ちなみに、私はいつもデパ地下などで500~1000円位のお菓子を買っている。

引っ越しの挨拶で可愛らしいギフトを渡す男性のイラスト

配る場所は両隣真下真上がベストだろう。会う可能性から鑑みると最低でもお隣だけは挨拶しておきたい。

まとめ

江戸時代、引っ越しをした者が、安価な蕎麦を「細く長くお世話になります」という意味で隣近所に配る習慣があったそうだ。
進んで挨拶をする人がむしろ珍しくなってきているような気さえする今日この頃、容易に他人と関わりたくないと思う気持ちもわかるが、だからこそ人々は疑心暗鬼に陥り、ますます息苦しく世知がない世の中になっていくのはちょっと寂しい。

引っ越しの挨拶にお隣を訪れる男性のイラスト

挨拶や声がけが防犯の効果があるというのは心理学的な観点から言っても認められることらしい。周りがみな気兼ねなく話せるようなところに住んでいたらそれは住みやすいだろう。

気恥ずかしいと思う気持ちはあるが、そうは言ってもほんの一時の恥。
別にどんな反応をされるかなんて考える必要はなく、時には一種の作業だと思ってこなせばよいのである。それがプラスになるのであれば。何をされるかではなく、何をするか。どう思われるかではなく、どう思うか。

恐れおののく男性のイラスト

-その他

Copyright© エリマキトカゲ , 2020 All Rights Reserved.