映画

『アラジン』実写版ネタバレ感想!アニメ版との違いは?【映画】

更新日:

2019年の映画『アラジン』アラジンとジャスミンが魔法のじゅうたんで空を飛ぶシーンのイラスト

映画『アラジン』実写版(2019)の感想とアニメ版(1992)との比較を書いた記事です。ネタバレありでおおまかなストーリーも全編書いています。アニメ版に準拠しつつも、実写版独自のアレンジがあった点について深く掘り下げています。

関連記事
1992年のアニメ映画『アラジン』の登場人物、アラジンとジャスミンのキスシーンのイラスト
『アラジン』アニメ版ネタバレ感想!万人が楽しめる良作【映画】

1993年8月7日公開のディズニーアニメで”元祖”『アラジン』を鑑賞、ストーリーや感想をまとめた。30年近くも前の作品だ ...

続きを見る

スポンサーリンク

『アラジン』作品情報

製作国 アメリカ
ジャンル ファンタジー、冒険
日本公開日 2019年6月7日
監督 ガイ・リッチー
キャスト

メナ・マスード(中村倫也)
ナオミ・スコット(木下晴香)
ウィル・スミス(山寺宏一)
マーワン・ケンザリ(北村一輝)
※()内は日本語吹替

『アラジン』登場人物

2019年の映画『アラジン』の登場人物・アラジンのイラスト

アラジン(メナ・マスード)

アグラバー城下町で暮らす貧しい青年。相棒の猿・アブーと共に盗みを働きながらその日暮らしの生活を送る。

配役の印象

メナ・マスードはアニメ版のアラジンと目の堀の部分がふと似ている瞬間がある。イメージは大方あっている。アブーはちょっとリアルすぎて不気味かも。

2019年の映画『アラジン』の登場人物・ジャスミンのイラスト

ジャスミン(ナオミ・スコット)

アグラバーの王女。法により、王の選ぶ相手としか結婚できないという現状にうんざりしている。アグラバーを愛し、アグラバーの為に自身がリーダーとなって王国に尽くしたいと考えている。

配役の印象

ナオミ・スコットは美女すぎて神秘を感じるレベルだ。ウリである歌唱力も半端ない。正にリアルジャスミン。

2019年の映画『アラジン』の登場人物・ジーニーのイラスト

ジーニー(ウィル・スミス)

魔法のランプの精。ランプを手にし、自分を呼び出した者を主人とし、みっつの願いを叶えてやらねばならない。人間になり、自由の身になることを夢見るが、主人が願いを言わない限り、それは叶わない。

配役の印象

この映画の見所はなんといってもジーニー、即ちウィル・スミス。アニメ版ジーニーの滅茶苦茶な暴れっぷりを果たして再現できるのかという懸念はあったが、うまく適応し、アレンジしていると感じた。また独自の設定(感想に後述)も良かった。

2019年の映画『アラジン』の登場人物・ジャファーのイラスト

アラジン(メナ・マスード)

アグラバー王国の国務大臣だが、王となって国を支配することを目論む。相棒のオウム・イアーゴを従えている。絶対的な力を得るために魔法のランプを渇望している。

配役の印象

アニメ版のいかにも悪といった風貌は鳴りを潜め、マーワン・ケンザリは見た目も声も優しすぎて悪者に見えない。唯一ミスキャストだと感じた。

『アラジン』ストーリー

あらすじ:アラジンとジャスミンの出会い/ジャファーの野望

ジャファーの野望

魔法使いジャファーは、王国を支配する為、魔法のランプを手に入れようと企て、それが眠る魔法の洞窟を訪れる。しかしそこには「ダイヤの原石」に値する選ばれし者のみしか立ち入ることができないのだった。

城下町・出会い

砂漠の王国「アグラバー」城下町にて、貧しい青年アラジンは相棒の猿・アブーと協力して物を盗みながら生計を立てている。
街を歩いていた美女・ジャスミンはひょんなことから泥棒と間違われてしまい、罪を咎められる。そんな美しいジャスミンに一目惚れしたアラジンは彼女を助け、一緒に逃げる。アラジンのアジトにて、ジャスミンは王宮の人間であると感づくアラジン。アブーが手癖の悪さから彼女の装飾品を盗ってしまい、アラジンは弁明しようとするも怒ったジャスミンに逃げられてしまう。

王宮・美女の正体

王宮に戻ったジャスミンは王から新しい花婿候補である他国の王子を紹介されるも目もくれない。その夜、王宮に忍び込んだアラジンは彼女との接触に成功する。装飾品を返し、誤解をとき、心の通じ合う二人。しかしアラジンはジャファー率いる衛兵に捕らえられる。アラジンが洞窟に入れる唯一の選ばれし者「ダイヤの原石」であることをジャファーは知り、取引を持ち出す。洞窟に眠る魔法のランプを取ってこいと。そうすれば王宮に侵入した罪を咎めないだけでなく、財宝を分けてやると。

魔法の洞窟・ランプを求めて

洞窟ではランプ以外の財宝には触れてはいけない。触れれば洞窟は怒り、侵入者を永遠に閉じ込めてしまうだろう。しかしランプさえ手に入れば財宝など意のままになる。
中に入ると石に挟まり身動きのとれない魔法のじゅうたんを発見。アラジンは彼を助け、仲間にする。
最奥にて魔法のランプを見つけ出すもアブーが他の財宝に目がくらんで触れてしまう。怒った洞窟は一行を永遠に閉じ込めようとする。魔法のじゅうたんによって脱出を試みるも、出口でジャファーによって突き落とされ、結局閉じ込められてしまう。

ネタバレあり!のイラスト

ジーニー登場!再びジャスミンの元へ

ランプの精霊・ジーニー

魔法のランプから現れたジーニーによって脱出を遂げるアラジン。
ジーニーはランプをこすった主人に対して何でも3つの願いを叶えるという精霊。恋愛で人の心を操ったり、死人を生き返らせたりする以外ならなんでもできるという。本人はランプの束縛から逃れたがっている。そして人間になり、自由に生きたい。しかしそれは主人が願わないと叶わない。アラジンはみっつめの願いで叶えてやると約束する。

ア・ホール・ニュー・ワールド

2019年の映画『アラジン』アラジンとジャスミンが魔法のじゅうたんで空を飛ぶシーンのイラスト

1つ目の願いで一国の王子となったアラジンはジャスミンの花婿候補としてアグラバー王宮を訪れる。王との謁見、そして城内でのパーティーに参加するも、本当の自分は貧民であるというコンプレックスに邪魔をされ、アラジンは失言や失敗を繰り返す。ジャスミンの心は離れるばかり。
夜になって改めてアラジンはジャスミンの部屋を訪れて言う「僕を信じて」と。その言葉にかつて城下町で会ったアラジンの面影を見たジャスミンは彼に連れられ、魔法のじゅうたんに一緒に乗り、外の広い世界を眺めて回る。そしてアラジンであることがバレてしまうも一緒になるふたり。

友との決裂

その後、ジャファーの策略によってアラジンは捕らえられて海に沈められるも、ジーニーにより、2つ目の願いを使って助けられる。更に王をそそのかしたジャファーを追い詰め、逆に追放することに成功。
ジーニーに助けられてばかりでひとりでは何も成し遂げられないとアラジンは葛藤する。自分ひとりじゃ何もできない、だからジーニーを自由にはできないと言い、決裂する両者。そして街にでたアラジンは隙をつかれてジャファーにランプを奪われてしまう。

ジャファーの逆襲

ランプをこすり、新たなジーニーの主人となったジャファーは、1つ目の願いでアグラバーを支配する王となる。そしてスルタン(元国王)を追放し、ジャスミンを妃にしようとする。しかし固い絆で結ばれている衛兵達はジャファーの幻に打ち勝ち、ジャスミン側につく。
そこでジャファーは2つ目の願いで最強の大魔法使いになる。ジャスミンも王も衛兵も無力化し、いよいよ王宮はジャファーのものとなる。アラジンは密かに王宮に忍び込み、ジャスミンを助け出そうとするも強大な力を得たジャファーには敵わない。魔法で世界の果てに転送されてしまう。
追い詰められたジャスミンは尚も抵抗するが、スルタン王を盾にされ、遂に屈してしまう。
しかしそこへ、魔法のじゅうたんの力で救出に再び現れるアラジン。じゅうたんが世界の果てまで飛んでいき、アラジンを救ったのだ。だが強大な力を得たジャファーに敵うはずもなく、排水の陣のアラジン。
そこでアラジンはジャファーをそそのかす作戦に出る。どんなに強がってもジーニーには敵わない。お前を強くしているのはジーニーだ、と。ジーニーがいる限り、お前は永遠にナンバー2でしかない、と。ジャファーはさらなるパワーを求め、3つ目の願いで宇宙最強の力を与えよとジーニーに願う。

決着/エンディング

宇宙最強、即ちジーニーと同等と化したジャファーだが、主人のいない精霊はランプに閉じ込められる運命。アラジンはランプにすかさずジャファーを閉じ込め、王国を救うことに成功する。
かくして再び平和が戻る。
ジャスミンと結ばれるための願いをすすめるジーニー。そしてアラジンは3つ目の願い事を言う。「ジーニーを自由に!」と。
人間になることができたジーニー。気にかけていたジャスミンの侍女をさそい、一緒に旅に出る約束をする。遂に自由を得たジーニー。
アラジンに救われたスルタン国王は掟を変更し、ジャスミンに王位を継承すると約束。結ばれるアラジンとジャスミン。そしてエンディング。

こっから感想だよ!と伝える画像

『アラジン』感想

実写版独自の魅力/主なアニメ版との違い

恋愛の軌跡がより段階的で丁寧

アラジンとジャスミンの出会いの流れ。
アニメ版では、街で出会った次はアリ王子として会うシーンになる。
実写版だと、その間にアラジンが王宮に忍び込んでジャスミンに会うシーンが挟まれる。
またアニメ版だとアリ王子になった後は、
凱旋パレード → 王との謁見 → ア・ホール・ニュー・ワールド
という流れ。
一方、実写版だと王との謁見の後に城内パーティが挟まれ、じゅうたんでジャスミンの部屋に訪れるのはその後。
アニメ版はシンプルに洗練された感がある一方、実写版ではより丁寧に、段階的に描かれている。

アリ王子がアラジンだとバレない理由

アニメ版はアラジンがアリ王子となった後、ジャスミンがアラジンの帽子を取った時に初めて街で会ったアラジンなんじゃないかと考える。現実であれば恋をするほどの相手なら帽子をかぶっていても間近で見たら気づくであろう。そこはアニメだから許されていた部分もあった。
しかし実写版だと理由が用意されている。ジーニーの魔法によって表面上は誰がアラジンを見てもアリ王子だと考える、というもの。
その後の「僕を信じて」発言や、ジャスミンの「あれアブーじゃない?」とアラジンにかまをかけて正体を暴く点は同じ。

魔法のじゅうたんがついてくる理由

アニメ版では明確な理由や説明はなく、洞窟に入ったアラジン達になんとなくついてくる印象だった。
しかし実写版では石にはさまって身動きのできないじゅうたんを助けることでアラジンを慕って仲間に加わるという独自の設定。

ジャファーは元々貧民層

実写版、アラジンを洞窟へ誘導する時の会話で明らかになる。更にはアラジンに気づかない程のスリとしての腕前を披露し、終盤のランプを奪うシーンの伏線になっている。
アニメ版ではこのような設定はなく、ランプを奪うのもオウムのイアーゴが単体でやってのける。

ジーニーへの依存度が感動を増す

アラジンのジーニーに対する依存度が実写版だと綿密に描かれている
ジーニーに頼るシーンと言えば、アニメ版だと主に願いを叶えるシーンだけなのに対し、実写版だと王との謁見、城内パーティーなど、願い事以外のシーンでもジーニーのサポートが多い。しかしその効果は高い。何故ならアラジンがジーニーに頼りきりであればある程、ラストシーンの最後の願いで起こる感動の前フリとして機能するからだ。あれだけ自分の都合ばかりでジーニーを利用していたアラジンが最後の最後でジーニーの為に願い事をしたのだ。その効果は高く、良いアレンジだと思った。

ジーニーの人間化

これは実写版オリジナルの設定だ。アニメ版は「自由になる」ことだけを求めていたのに対し、実写版での願いは「人間になって自由になる」という違いがある。またアニメ版はラストシーンで自由になった後も、空をすっ飛んで旅に行ってしまうことから超人パワーを持ったままだと思われる。しかし実写版では人間になるのでその力はもはや残っていない。しかしそれが良い。素朴で切実で良い。今思えばだが自由になってもなお超人だなんてなんだそれ?って気がしなくもない。超人の力などいらない、人間になって好きな人と旅に出ようって・・・素敵やん。

ここが惜しい!残念な点

ジャファー

唯一にして最大の残念ポイント。あとのふたつは気になった程度だ。ジャファー役のマーワン・ケンザリ、顔も声もオーラも優しすぎる。アニメ版のジャファーは、見た目といい声といい、いかにも極悪人といった体をなしていたが実写版はどうしてこうなった。風貌に反して内に凶悪さを秘めたるようなサイコパス感があったわけでもない、どうみても優しいおじさんにしか見えなかった。悪役は如何に悪く見せるか、作品への影響が大きいのは自明の理だ。

女性の社会進出論の強調

前もって言うと、エリマキ自身が女性の社会進出に対してどうと言いたいわけではない。ただストーリーにそこまで影響のない部分であえてアニメ版に反してその設定を作り、あそこまで強調する意図はなんだったのだろうと気になった次第だ。ジャスミンが一国のリーダーになることを望み、やたらと女性も社会進出すべきというメッセージが繰り返されていたように思う。

吹替もアリかも

エリマキは字幕で見たが、どうしてもミュージカルシーンなどの常に映像を見ていたいシーンで字幕を見なければならないうっとおしさたるや・・・。そう考えると吹替も十分アリだと思う。当たり前だが映像を見ながら音声でセリフを把握できたほうが作品への理解度も増す。英語のリスニング力向上、頑張ろうか・・・・。

終わりに

面白かったけどアニメ版はまだ未見、という方には是非そちらもおすすめしたい。実写版は二時間超えだがアニメ版は90分で観られる。実写版は綿密にストーリーを描いているがアニメ版はよりシンプルにストレートに且つわかり易く仕上がっているのが魅力でもある。
アニメ版と共通して魅力なのは、万人に受け入れられるであろう作品だなあと。子供でも大人でも楽しめるし、恋人とでも家族とでも観られる。わかり易くて笑えて泣ける、キャッチーな作品を生み出し続けるディズニーはやはり凄い。おすすめです!

関連記事
1992年のアニメ映画『アラジン』の登場人物、アラジンとジャスミンのキスシーンのイラスト
『アラジン』アニメ版ネタバレ感想!万人が楽しめる良作【映画】

1993年8月7日公開のディズニーアニメで”元祖”『アラジン』を鑑賞、ストーリーや感想をまとめた。30年近くも前の作品だ ...

続きを見る

-映画
-, , , ,

Copyright© エリマキトカゲのソッコー映画 , 2019 All Rights Reserved.