映画

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』感想!3つの残念点

投稿日:

映画『ワイルド・スピード:スーパーコンボ』のイラスト

2019年8月2日公開の映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』の感想記事。もはや元祖のカーレース的な面影はなくなって純粋脳筋戦闘アクションと化したワイスピシリーズ、その変化は吉か凶か?残念点を3つ挙げてみた。なおネタバレは今回なし

スポンサーリンク

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』作品情報

製作国 アメリカ
ジャンル カーアクション
日本公開日 2019年8月2日
監督 デヴィッド・リーチ

キャスト

ルーク・ホブス/ドウェイン・ジョンソン
デッカード・ショウ/ジェイソン・ステイサム
ブリクストン/イドリス・エルバ
ハッティ・ショウ/ヴァネッサ・カービー
マグダレーン・ショウ/ヘレン・ミレン
マダムM/エイザ・ゴンザレス

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』あらすじ

ロサンゼルスで娘と暮らす、ワイルドなスタイルで超重量級のクルマを操る追跡のプロ・元FBI特別捜査官ルーク・ホブスと、ロンドンで優雅な生活を送る、クールなスタイルで超高級なクルマを駆る規格外の元MI6エージェント・デッカード・ショウ。2人の元に、行方をくらませたMI6の女性エージェント・ハッティを保護して欲しいという政府の協力要請が入る。ハッティは全人類の半分を滅ぼす新型ウイルス兵器をテロ組織から奪還したが、組織を率いる、肉体改造を施された超人的な戦士・ブリクストンに急撃され、ウイルスと共に消息を絶った。しかも、彼女はショウの妹でもあるという。
ホブスとショウは「こんな奴と誰が組むか!」と協力を拒否するが、ウイルスの回収を最優先するため、仕方なく手を組む事に…世界の命運はこの2人に託された!

公式サイトより引用

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』感想

こっから感想だよ!と伝える画像

二大スター共演!超人気シリーズ最新作!役者は揃った格好の舞台!!アクションのボリュームは期待通り、格闘、カーチェイス共に満載でお腹いっぱいだ。小難しいこたいい、存分に暴れてくれお前ら!!っていう要求は十分に満たしうる作品であることは間違いない。とはいえ、シリーズ最高傑作かと言われると首を捻ってしまう。そう思った根拠を3点挙げてみた。

年齢のせいか?ジェイソン・ステイサムのアクションのキレ

キックを打つ男性の写真

元々は本格的な水泳の飛び込み選手であり、非凡な身体能力を有していた彼はキレのあるアクションをノースタントで演じ続け、スターとしての地位を不動のものにしたことは周知の通り。

そして初めて彼の演技を『トランスポーター』で観た時、ハリウッド的な派手さとジェット・リー的なカンフーアクションをかけ合わせたような、斬新かつスタイリッシュなその動きに見惚れたものだ。

その時の幻想か、今回の役柄からなのか、はたまた年齢のせいなのか、今作ではスピードが鈍い、と感じたのが第一印象だった。これまでの軍隊格闘術の達人のようなソリッドな打撃戦と呼ぶには程遠い、せいぜいマーシャルアーツ嗜んでます程度のキレの悪い打撃コンビネーションに見えたのはエリマキだけであろうか?
ドウェイン・ジョンソンもまた、アクションスターなどとは比べ物にならないくらい動きは鈍いが、怪力キャラだしまだ看過できる。

実際、鑑賞後にネットで『トランスポーター』のアクションシーンを観てみたけど相変わらずキレッキレでかっこ良く、動きのバリエーションも豊富だ。(髪も今より豊富だ。)今観ても尚そう思う。バリエーションは脚本に沿っている部分もあるから単純比較はできないが、やはり瞬発性が全然違うと言わざるを得ない。歳なのか準備不足なのかそういうコンセプトなのか、解りかねるけどこれはかなり残念な要素だった。カーアクションが肝なのは確かだが肉弾アクションも多分に含まれている今作では、これは重要な点だと言わざるを得ない。

走り屋要素はもはや皆無

スポーツカーの画像

元々は走り屋要素が肝でイニシャルDハリウッド版とでもいうような、ド迫力なドリフトをしまくって抜いた抜かれたがウリなカーレースアクションであったのが、いつの間にやら凡庸な脳筋肉弾戦闘アクションになってしまったのね。カーチェイスシーンは沢山あるとはいえ、あくまで戦闘アクションの一要素としてのカーチェイス。もちろん凡庸とは言っても、いわゆる頭空っぽにして観られる系エンターテイメントとしては素晴らしい出来だとは思うし、これはこれで変化適応してきた結果なんだなとポジティブに考えることもできるが、やはり今は亡きポール・ウォーカーの印象が強いこのシリーズとしては、やや寂しい想いに駆られるのもまた本音である。

ヒロインの魅力

金髪女性の写真

画像は唯のイメージ。ワイスピの女性キャラクターと言えばキュートでセクシーな印象があるが、今作のヒロイン、デッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)の妹で兄と同じくM16と呼ばれる秘密組織に所属するハッティ・ショウを演じたヴァネッサ・カービーはキュート&セクシーというよりはクール&ビューティーな印象でブロンドのパーマがかった髪、釣り眼に光る青い瞳、黒く凛々しい眉毛、役どころもあるがどことなく冷たい印象を受ける。そんな彼女はロンドン生まれの女優で過去作で代表的なものだと『ザ・クラウン』、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』等。

はっきり言ってしまおう。そんなにかわいいか?ファンの方すみません。これは批評云々ではなく完全に独善的見解。いや、美女は美女だと思うよ?しかし幅広い層に受け入れられる美貌を持っているか?と問われると答えづらい。彼女の顔が正面からアップになる度に私は感じてしまった。
やっぱメイン女性キャラの美貌は重要な要素で、内容がつまらない映画も女優が魅力的なだけで観ていられることもある。
現在だとスカヨハ、かつてのアンジーだとかキャメロン・ディアス、どんな層をも黙らせるような美貌を持つ女優達。いや、そこまでとは言わんけど個人的に惹かれる要素のない女優であった。

終わりに

映画館の画像

エリマキ評価

5点満点中3点:

尚、エンドロール最後の最後まで(正真正銘、最後の最後まで)席を立たずに観た方が絶対に良い。特典的な映像が細切れに出てくる。次回作をほのめかすような部分もあったが、また非カーレースな戦闘ものアクションが今後も続いていきそうな気配だ。故きを温めて新しきを知る。このシリーズがどのような変化を描いて行くのか。共に見守っていこうではないか。

-映画

Copyright© エリマキトカゲのソッコー映画 , 2019 All Rights Reserved.