映画

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』感想!お茶目!

投稿日:

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のイラスト

2019年8月30日公開の映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』感想記事。クエンティン・タランティーノ監督、そしてレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演!これだけでテンションMAXだがその内容や如何に!?尚、ネタバレはなし

スポンサーリンク

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』作品情報

製作国 アメリカ
ジャンル スリラー映画
日本公開日 2019年8月30日
監督 クエンティン・タランティーノ

キャスト

  • 【リック・ダルトン】レオナルド・ディカプリオ
  • 【クリフ・ブース】ブラッド・ピット
  • 【シャロン・テート】マーゴット・ロビー
  • 【ロマン・ポランスキー】ラファル・ザビエルチャ
  • 【ジョージ・スパーン】ブルース・ダーン
  • 【マーヴィン・シュワーズ】アル・パチーノ
  • 【リネット・フラム】ダコタ・ファニング
  • 【プッシーキャット】マーガレット・クアリー
  • 【ランディ】カート・ラッセル

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』あらすじ

リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)はピークを過ぎたTV俳優。映画スターへの道がなかなか拓けず焦る日々が続いていた。そんなリックを支えるクリフ・ブース(ブラッド・ピット)は彼に雇われた付き人でスタントマン、そして親友でもある。目まぐるしく変化するエンタテインメント業界で生き抜くことに精神をすり減らし情緒不安定なリックとは対照的に、いつも自分らしさを失わないクリフ。この二人の関係は、ビジネスでもプライベートでもまさにパーフェクト。しかし、時代は徐々に彼らを必要とはしなくなっていた。そんなある日、リックの隣に時代の寵児ロマン・ポランスキー監督と新進の女優シャロン・テート(マーゴット・ロビー)夫妻が越してくる。落ちぶれつつある二人とは対照的な輝きを放つ二人。この明暗こそハリウッド。リックは再び俳優としての光明を求め、イタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演する決意をするが…。
そして、1969年8月9日-それぞれの人生を巻き込み映画史を塗り替える【事件】は起こる。

公式サイトより引用

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』感想

こっから感想だよ!と伝える画像

子供の頃から20年以上に渡って、このスター二人の映画を観て親しんできた世代としては、同じスクリーンに写っているだけでテンションはマックス。しかし内容も期待を裏切らない良い作品だった。キャラクターを個性的にみせるのに十分すぎる程時間を割き、そしてそれがのめり込む最大の要因となっていた。

「親しみ」のリック(レオ様)

リックは自己評価が高くて落ち目の自分が許せない、時々ヒステリックになる様が不器用で愛らしい。輝く未来を見出せず、常に不安に陥っている様がこの世知がない現代日本においても共感でき、親しみやすい存在となっている。

「憧れ」のクリス(ブラピ)

一方クリスは落ち着き払ったナイスガイ、人生流れるがまま、まあ成るように成る、死ぬこと以外~傷、といった体で内外伴ったイケメン。このどっしり感がリックの親しみやすさとは反対に、自分もこうありたいと思えるような憧れの存在として描かれている。二人の対比が良く映える。

お茶目美女シャロン(マーゴット・ロビー)

実在した人物、シャロン・テートをマーゴット・ロビーが、そのクールビューティーな外見とは裏腹にお茶目で愛らしさいっぱいに演じているのがまたいい。自分の出演映画を観る観客の反応を楽しむ姿とか個人的には劇中で一番可愛いと思ったシーン。

まとめ

エリマキ評価

5点満点中4.点:

万人受けするかと言うと微妙なところだ。意味深な演出が多く(魅力でもあるが)初見では真意が解りかねるシーンも多々あった。人によっては161分という長丁場が若干苦痛になるかもしれない。とはいえ、個人的には最高クラスに楽しめた。それは好きな二大スター共演というバイアスを取っ払って考えても自身を持って言える。おすすめだ。

-映画
-, ,

Copyright© エリマキトカゲのソッコー映画 , 2019 All Rights Reserved.