映画

『ダンスウィズミー』感想!やしろ優を主役にしようぜ

投稿日:

映画『ダンス・ウィズ・ミー』のイラスト

2019年8月16日公開の映画『ダンスウィズミー』感想記事。ウォーターボーイズスウィングガールズなどでお馴染み矢口史靖監督最新作!正統派モデル美女・三吉彩花、お笑い芸人・やしろ優ムロツヨシなど癖の強いキャスト陣。これは神作品確定か!?尚、感想部分にネタバレあり

スポンサーリンク

『ダンスウィズミー』作品情報

製作国 日本
ジャンル ミュージカル・コメディ
日本公開日 2019年8月16日
監督 矢口史靖

キャスト

  • 【鈴木静香】三吉彩花
  • 【斎藤千絵】やしろ優
  • 【山本洋子】chay
  • 【村上涼介】三浦貴大
  • 【渡辺義雄】ムロツヨシ
  • 【マーチン上田】宝田明

『ダンスウィズミー』あらすじ

催眠術のせいで、音楽が聞こえるたびに歌い踊り出すカラダになってしまったミュージカル嫌いの静香!所かまわず歌い踊るせいで恋も仕事も失ってしまい…。さらに、裏がありそうなクセ者たちとの出会いと、度重なるトラブルが!静香を待つ、ハチャメチャな運命とは!?果たして無事に元のカラダに戻れるのか!?

公式サイトより引用

『ダンスウィズミー』感想

ネタバレあり!のイラスト

主役が食われている

映画『ダンス・ウィズ・ミー』のイラスト私は三吉彩花を今作で初めて観たのだが、確かに美人でスタイルもよく華やかではある。しかし女優の中でも突き抜けて魅力があるかと言うと、今作に限って言えば、そう感じ入る部分は少なかった。

やしろ優の方がむしろ強烈であった。そう思ったのは、ぽっちゃりで愛嬌がありながらも軽快すぎる動きを披露しまくるというそのギャップからだけではない。中盤以降、静香の催眠術を解くという主軸部分が鳴りを潜め、ヤンキーと揉めるエピソード、シンガーソングライターのエピソード、これらあまり本編と関連のないシナリオが立て続けに起こり、静香の存在感が薄くなるからだ。そうなると必然的にパンチの強い千絵(やしろ優)の方が目立つ

ミュージカル要素が浮いている

猫がダンスしているイラスト

多くのミュージカル映画のように、その時々ストーリーにあった曲やキャラの心情に合わせて歌が披露されるのかというとそうではない。既存の名曲がアレンジして使われている。オリジナルの作曲者と言えば布袋寅泰や井上陽水など日本を代表するアーティスト達。しかし、必ずしもストーリーに沿った歌なのか?と言われると疑問を持たざるを得ない。例えばヤンキーの乱闘の場で踊り出すヒップホップ調の曲などは全く本編に脈略も関連もない。ストーリーとミュージカルのシーンが連動しておらず、無理矢理ミュージカルシーンを詰め合わせたような、仕立て上げたような、そんな不自然さを感じた

催眠術の設定に一貫性がない

催眠術師のイラスト

観る前の印象だと、催眠術とは、曲に合わせて踊り出すとその場にいる誰もがハッピーになれるような、一種の特殊能力のようなものかと想像していて、割と中盤以降はその通りであったように思う。しかし、序盤のオフィスやレストランのミュージカルシーンでは、その場で誰もが一体化していたように見えて実は静香の独り舞台であったし、レストランに限っては破壊行為をしていたという驚愕の事実。催眠術とは危険な幻覚症状なのか?設定に一貫性がない

ミュージカルシーン自体の魅力も…

踊る女性の画像

目を見張るようなダンスと言う訳でも、息を飲むような歌声と言う訳でもない。

コメディ要素も印象が薄い

映画館内のイラスト

自分自身も思わず吹き出してしまうような程のシーンはなかったし、最近のヒット邦画としては記憶に新しい『ザ・ファブル』などに比べると、観客席から聞こえた笑いの数も圧倒的に少なかった。

まとめと提案

エリマキ評価

5点満点中2点:

『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』の矢口史靖監督の作品であるならばハズレはないだろうと楽観していたが、今回は残念な印象に終わったと言わざるを得ない。そこで自分なりにざっと改善案を考えてみた。

改善案

ストーリーに関しては、先述した幻覚の設定は無くして一貫させたかったところだ。もしくはそれならそれで幻覚症状にも意味をもたせ、設定を練り込む必要があるだろう。

踊る女性達の画像

そうでないならディズニーや本来のミュージカルのように、曲が始まればその時、その世界観は完全にそのミュージカルとして一体化させ、キャラの心情を反映させて、ストーリーの流れに沿った歌を奏でるべきであろう。
あるいは歌と踊りだけでも観客を魅了できるほどのキャスティングにする
あるいはコメディ要素を増やしてもっと笑わせにいく

いずれか一点だけでも突き抜ければまだマシだったように思う。

やしろ優主役案

癖はあるが面白いストーリーができそうな予感がする。美人でもない彼女が踊る度に周りはドン引き、馬鹿にされまくるも徐々にそのダンススキルに惚れ込む人々があらわれ、やがて日本中がそのファニーでありながらも不幸を幸せに変えるポジティブなダンスにハマっていき、旋風を巻き起こす。有頂天になる主人公。しかしある日催眠術は解け、能力を失ってしまう。皆に注目される中、踊れなくなってしまった彼女がとった行動とは・・・・なんつって。

-映画
-,

Copyright© エリマキトカゲのソッコー映画 , 2019 All Rights Reserved.