頭突きの打ち方・其ノ弐|更に二種類をご紹介

頭突きをする不良

極めて需要がないであろう頭突きシリーズ(笑) 前回は一撃筆倒の頭突きの打ち方ということで、パンチでいえばストレートにあたる頭突きを紹介した。

顎を引いて足のバネで頭突きを打っているイラスト
一撃必倒「頭突きの打ち方」要点は一つだけ

要点はただひとつ。 下半身を使っているかどうか。 頭突きで下半身を使うとはどういうことか? 要はパンチやキックと同じ。 ...

今回はジャブ、つまり威力は低いが牽制や連携を前提とした頭突きの打ち方を二種、 更に相手の組手のプレッシャーが強くて頭突きが打てない時の対処法もご紹介。

スライド頭突き

その名の通り、身体を前方にスライドさせて相手の顔面を頭突きする。

スライド頭突きの説明イラスト

ポイント

◆ 足のバネを使って全身で打つ 頭ばかり意識しないこと。

◆ 重心を浮き沈みさせない 重心が浮いたり、前につんのめりがちなので注意。

◆ 頭の高さを上下させない 同じ高低差でスライドさせることによって相手は反応し辛くなる。

狙うは鼻、口、目。 当たれば一撃必倒とまではいかなくてもフラッシュ(一瞬視界を奪う)させるには十分。 怯んだところに膝や投げなどの連携が容易に繋がる。

振り子頭突き

頭を横に振る勢いで打つ。

振り子頭突きの説明

◆ 足腰のバネを使う 口酸っぱく言うようだが重要なので常に意識。

◆ 上に振りかぶるのはNG 顎が無防備になって危険。

◆ 連携を前提に使う 威力は高くないため。

頭突きが打ちにくいと感じたら

相手にがっつり掴まれていたり、腕で突っぱねられていれば頭突きは打てない。

胸ぐらを掴まれて頭突きできないイラスト

であれば、 1:腕を振りほどくか 2:別の技に切り替えるか

相手の手を振りほどく

方法は無数にあるがひとつご紹介。

↓のイラスト(少々雑だが…)のように 1:掴まれている側の腕を外側→内側に巻き付ける 2:肘を極めるようにして捻る。

釣りての解除の仕方の説明イラスト

これで大抵の相手は掴み続けることを諦める。 言うは易しなのでもし対人練習ができる環境がある方は試して見ると良い。

別の技に切り替える

頭突きが打てなくて相手の掴みを解除できなくても選択肢は無数にある。 ボディに膝蹴り、膝に関節蹴り、金的蹴り、投げ、噛み付き、指を折る、など。

攻撃パターンの説明イラスト

相手は全ての技を完璧に防ぐことは不可能である。 同時にこちらも全ての技を習得するのは難しい。 しかしこの中のひとつかふたつだけでも使えれば活路を見出すことができる。

例えばシンプルにボディに膝を打ってみよう。 もし相手が頭突きを強く警戒しているならばボディにはそこまで意識配分できていない可能性が高い。 きれいに当たれば、もしそこで倒せなくても、相手の意識がボディに移行する。 すると今度は頭突きが入りやすくなったりあるいは第三の手、例えば投げなどが容易に極まる。

◆ 常に2~3はカードを用意しておく

◆ 相手の意識が薄い場所を攻める

強力な技をひとつでも持っていると、あくまでそれだけに固執してしまうケースが往々にしてある。

どんなに剛速球を投げるピッチャーも球種がストレートしかなければいずれ打ち込まれてしまう

ひとつの技に固執せず、ダメなら次、それもダメなら次の策と臨機応変に切り替えて行くのが勝負の鉄則だ。

まとめ

  • スライド頭突き
  • 振り子頭突き
  • 頭突きが打てない時

頭突きシリーズ、懲りずにまたやります(笑) 次は別の打撃技や投げ技との連携をメインに書こうと思う。

あくまで護身術としての技術です。 喧嘩や暴行などをしては断じてなりません。

-
-, ,

© 2020 エリマキトカゲ