一撃必倒「頭突きの打ち方」要点は一つだけ

顎を引いて足のバネで頭突きを打っているイラスト

要点はただひとつ。

下半身を使っているかどうか。

頭突きで下半身を使うとはどういうことか?

要はパンチやキックと同じ。

いくら腕の力だけでパンチを打っても、腰の入ってないキックを打っても相手を倒すことはできない。

頭突きも一緒。

打撃というのは全身の力を一点に集約する必要があるのだ。

具体的な体の使い方を説明していこう。

頭突きの基本的な打ち方

顎を引いて足のバネで頭突きを打っているイラスト

  1. 顎を引く
  2. 足のバネを使って顔面を突き上げる

全身を一体化させることが大事。基本はこれだけだが全身の力が乗るので強力。

悪い例

頭を振りかぶって頭突きを打とうとしているヤンキーのイラスト

頭を後ろに振りかぶって打たない。これでは体重が乗らないし顎が無防備になってしまう。

応用技Ⅰ:遠心力を利用する

相手を掴んで振り回している女の子のイラスト

頭突きをかましている女の子のイラスト

  1. 相手の襟なり袖なり掴む
  2. 相手を振り回す
  3. 遠心力を使って頭突きを放つ

力任せに振り回すのではなく、脱力してぶら下がるイメージ

振り回すことで生まれる遠心力を利用するのでより強力。

まともに相手の鼻・口・顎などに当たれば一撃必倒だ。

応用技Ⅱ:弱気を見せて下がる

襲われて泣いて後ずさりしている女の子のイラスト

思い切り頭突きしている女の子のイラスト

  1. 前に出る相手に対してわざと弱気に下がる
  2. 頭突きを放つ

こちらを見くびって前に出てくる相手には特に威力を発揮する。

イケイケの相手はこちらが弱気になるとここぞとばかりに畳み掛けてくるもの。それを逆手にとる戦法だ。

相手が前に出てくる力も加わり、カウンターの要領で威力は倍増する

まとめ

  • 振りかぶらない
  • 足のバネで打つ
  • 掴んで遠心力をつけるとより強力
  • 前に出てくる相手にはあえて下がって油断させる

パンチやキックはそれなりに練習をしないと体重の乗った強い打撃は打てないもの。使わなければならないパーツ(腕の振りや腰の回転など)が多いからそれだけ複雑な動きが必要になるのだ。

だが頭突きは案外簡単に打てる。顎の引きと下半身の動きさえ意識できれば威力を出しやすいのだ。

あくまで護身術としての技術。喧嘩や暴行は絶対いけません。

-
-,

© 2020 エリマキトカゲ