護身

【イラスト解説】柔道・前回り受身のポイント

更新日:

前回り受身のアニメ

格闘技初心者の方を対象に前回り受け身のコツやポイントを書いた記事です。イラストを使って極力わかり易い解説を心がけました。華麗なKOパンチにハイキック、豪快な投げ技より何よりも、受身は身を護るための重要な技術です。しっかり習得しましょう!

スポンサーリンク

前回り受身のポイント

イラストは左手から入るやり方を解説していますが、まずは自分のやりやすい向きだけ徹底的にやりましょう!

左足を前へ出し、左手の小指から地面に付いていきます。

右手は地面に添えて補助します。

目線は回っていく方向を見て、顎が右肩につくようにします。

逆方向見たらダメ絶対!

イメージしてみてください。反対方向を向いていたり顎が上がっている状態で地面に突っ込むと…ヤバそうな感じがしませんか? 実際、めっちゃ危険なので厳禁。

首(頚椎)は体中の神経が通っているので損傷すると手や足等の部位が痺れたり感覚がなくなったり悪い時は歩行が困難になったりする可能性もあります。

顎は引いて回っていく方向を必ず見ます

地面に付いていく順番は 小指 → 肘 → 肩 → 背中(肩甲骨) 身体を支えていきます。 こうすることで頭を守っています。体を丸めて滑らかに着地していくイメージです。

回りきったときのポイント

  1. 右手で地面を叩く
  2. 足は交差せぬよう離す
  3. 左手をお腹に巻く
  4. 目線はおへそ

地面を叩くことで身体への衝撃を逃し、両足がぶつかると怪我するリスクがあるので、交差せず、離します。また目線をおへそに向けることで顎を引き、頭部を守ります。

まっすぐに行かない…そんな時は?

まっすぐ回れない人は、大体、横回転しちゃってます。 小指 → 肘 → 肩 → 肩甲骨の順に地面についているか、確認しましょう。回っていく際に横腹や背中の中心(背骨の辺り)が地面にあたっているようだと横回転しています。 コツは、前回りのイメージで回ること。基本的には前回りと一緒です。横ではなく、前にまわります。

参考動画

慣れない内は飛び込まない

勢いを付けて飛び込む必要はありません。危ないです。

↑イラストのように片膝をついて練習しましょう。

慣れたら立ってやってみましょう

↑イラストの態勢からスタート。 毎回止まってからセッティングし、手の位置、足の位置、目線を確認してからゆっくり回っていきましょう。

以上が前回り受身のポイント解説となります。

まとめ

私はKOパンチより華麗なハイキックより豪快な投げ技より何より、受身は最も重要な技術だと考えます。

いくら一撃必殺の技を身に着けても、倒れて頭から落ちると最悪死亡するリスクもあります。また日常生活においても、下り坂や階段で前に転んだ時、車に轢かれそうになった時、咄嗟に前に飛び込んで回避できる可能性もあります。まずは攻撃より身を護る力です。これを認識し、焦らずゆっくり、しかし確実に身につけましょう!

-護身
-,

Copyright© エリマキトカゲのソッコー映画 , 2019 All Rights Reserved.